冬に備えて免疫力をあげていこう

身体と向き合う

先日オススメ動画として紹介した
大島ケンスケさんの
Twitterを見ていたら
こんなことが書いてありました。

胃が冷えると、体内の水分の巡りが悪くなる。 特に気をつけたいのは「脳髄液」の循環。 それがさまざまな不調に繋がる。 おすすめは「白湯」です。温かいお湯を寝る前に、そして朝に、少し飲むといいですよ。

これを読んで
やっぱり白湯っていいよね。
と改めて思ったのです。

そういう自分は朝、
小匙1杯のキパワーソルトを入れた
白湯を飲むという健康法を
もう10年以上続けています。

水を1日2リットル飲むといいという方もいますが
私は断然白湯をお勧めします。

体温より少し温かい白湯を飲むと
急速に体が温まっていくのを感じます。

水より
少し温かくした白湯の方が
体への浸透率が
断然いいのだそうです。

水って
表面張力を起こすじゃないですか。


お湯って表面張力には
ならないんですよね。

って当たり前かもしれませんが

理科で習ったんだと思うのですが
すっかり忘れていました。

そういえば水って
いっぱいコップに満たすと
ぷるんと膨張したようになりますが
お湯でなっているの見たことない。

温度が上がると表面張力は弱くなります。 なぜかと言うと、温度が上がると、液体の分子が活発に運動するようになるため、お互いにぶつかりあって斥力となるからですね。      (by Yahoo!知恵袋)

つまり
温度が高いほど表面張力が小さく
他の物質との親和性が高くなり
要するに吸収されやすくなるのだそうです。

ということは
体の中でも
水よりもお湯のほうが
吸収率が高くなるわけです。

さらに
いきなり水を飲むと
体温を下げてしまいますので
それを元に戻そうと
体が余計なエネルギーを使うことにもなります。

白湯は
体に無理なく吸収し、
循環を助けてくれるのだそうです。

白湯の良さを
あらためて感じたのでした。

私はそこに
キパワーソルトという塩を混ぜて
海を感じながら
飲んでいるんですが

なんか
朝から自然に戻った
気がして気分がいいんですよね。


寒い冬がやってきます。

体温を上げておくことは
免疫力を鍛えることにもつながります。


靴下履いたり
腹巻きしたりも
大切ですが

内側から温めることも
忘れずにいようと思います。


ではね🤗🤗🤗!









ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました