「悟る」ってそんなにすごいんですか?

悟りとか目覚めとか

先日、ある方のオンライン瞑想会に
参加したのですが
ゲストの方がいらしたんですね。

で、その方が
「いったん目覚めると~」
「悟るって~」
という言葉をちょいちょい会話に入れてきて
聞き苦しかったんです。

こちらのフィルターがかかっている
かもしれませんが、

「悟ってる僕は視聴者の君たちより上」
というニュアンスをぷんぷん感じました。

悟るって
そんなにすごいことなんですかね。

私が感じている悟るって

目が覚めると覚めていないの違いだけだと思うんです。

つまり
人間は寝ますよね。
寝ると必ず目を覚まします。

目を覚ましている人と
目を覚ましていない(寝ている)人に
上下はないですよね。

ただ
起きる時間だったら
先に起きた人は
まだ寝ている人に
「起きて」
といいます。

なかなか起きなかったら
どうしたら起きるか
考えますよね。

でもそこに上下は
ないですよね。

もしかしたら
早く起こすのは
迷惑かもしれない。

睡眠不足をチャージしているのかもしれない。

そんなことに気づくーー。

「悟る」って、そういうことだと思うんです。

起きることがいいことでも
悪いことでもなくて

あなたもオッケー私もオッケー
みんなオッケー
上下なし。

ってことに
気付くことじゃないかなと
思うのです。

そういう意味では
ゲストさんもオッケー

ゲストさんのおかげで
それに確信が持てたので
ありがたいです、ってことですけどね。


ではね!




ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました